遺品整理 見積もり

Pocket

 最近は「相見積もり」が主流です、私も何度か行くうちにだいたいメンツが揃ってきています、「とりあえず安い業者」「わけわからんオプションまみれで高い業者」(やたらにお祓いぽく・・・)「そこそこ高い普通の価格設定の業者」「とりあえず少し安めの業者」・・・みなさん台所事情なのかいろんなタイプがあります、見積もりに来てもらってる依頼者も2パターンです「関係者(身内)」「無関係者(管理会社や大家)」現場ではみなさんそれぞれの事情・感情が飛び交います、私も以前は何が何でも一件取りたくディスカウントだけに努力してました、しばらくこの商売を休止していて客観的に見ていると、考え方が変わってきました「安いだけ」「仰々しく不安を煽るだけ」はやめようと思う、最終的に処分するときのコストも適正に計算しようと思います、人件費などの経費はどこもあまりかわりません、いかにゴミ処分を安くあげるかがカギになる業界です、わが社は薄利多売方式をやめて、一件一件ちゃんと仕事してみようと決めました、受注できる件数は激減します(今は月間3件くらいかな・・・)まあ、ぶっちゃけ元々の建築の仕事があるので採算はなんとかなります(笑)不法投棄までいかなくても(いまだにあります)家庭から出されるゴミには「一般廃棄物」という定義があり、私たち業者がトラックに積んで廃棄することはグレー(ブラック)なんですよね、今回リフレッシュして作業時は地域・自治体の許可sっひた「一般廃棄物許可業者」に回収と処理を委託するようにしました、リサイクル家電も適正に処分します、バカみたいにコストかかります(笑)ホームページから来てくださったお客様に説明する(あらかじめ高いと)と80パーセントは断られます、「そんなんいいからとりあえず安くしてや・・・」と言われます、結局は当社のやり方で納得してもらえる方の依頼だけになってしまいます、そのうち撤退なるか、細々と続けていけるかのどちらかでしょうね(泣)

Pocket