腐敗臭 消臭

Pocket

 特殊清掃現場では当たり前、長期放置された遺品整理や日常的なペットの匂い・・・さまざまな臭いがあります、ドラッグストアーに行けば靴箱からキッチン・ペット、家全体まで様々な消臭剤が手に入ります、私もこの商売を始めたころは色々と試行錯誤しながら自己流に研究しました、値段が高い・パッケージが仰々しいとよりキツイ臭いに対応してるんだなと気が付きました、今から思えばバカ高い消臭剤(ウンチクは立派な)もよく買いました、「当社独自配合の・・・」も取り寄せたりしました、中にはファブリーズと同じ大きさのボトルで7000円(笑)とかありました、もはや詐欺ですね・・・

 ある遺品整理の現場で親が他界し数年放置の実家を整理してほしいと依頼がありました、作業自体は平均的な物量で腐敗などもなく順調に進んでました、ただ数年間放置した家なのでどんよりした重たい空気と、経年の独特な臭いはありました、大半の不要な品を運び出し、消臭を検討してましたが依頼人さんが某製薬メーカーの研究員をされていて、「消臭剤」の研究者でした。

 市販のきつめの消臭剤(用途別にシリーズのある物)を用意していきました、それをスプレーして換気して一応その現場は完了でした、作業後に雑談していて消臭剤の話になりました研究者の立場から色々と教えてもらえました、私が大枚はたいて買ってる高価な消臭剤の話もしました、一笑されて実際の科学的な話を聞かせてくれました、研究している内容の難しい過程はとても説明できませんが「要するに」という私たちの行っている特殊清掃や遺品整理なんかの現場消臭では殺菌には「イソジン」・消臭には「ハイターを薄めて」で十分だという結論でした(笑)

 汚染された物質、現場の布(コンクリートでも)分子単位で臭いの元の分子は吸着する、可能なかぎり捨てることが一番、次に換気これが原則だそうです、このあとは薄めたハイターなど塩素系をまけばOK、それが一番効果的とのこと、特殊清掃で最初に遺体の痕跡(血液や脂)には、べっとりの「イソジン」それが何にも勝るらしいです、おかげで私も頭を切り替えれて、その後は効果的で安いしどこでも入手可能なので重宝しています。

Pocket