特殊清掃・野次馬

Pocket

 私用っで京都へ行ったときに、バスを降りたら数人の人だかり(住宅地だのに)がありました、なに?と思いましたが近づいてみると「腐ってるな・・・」の臭いです、同行者も「この臭い・・・・」と(葬儀屋の女性社員だから)、二人でチラッと見にいきましたが警察がゴソゴソしてる部屋の入口(アパートの一階)には結構な量の蝿、真っ白いウジ虫もウヨウヨで室内はハッキリ見えないが結構なゴミのミルヒィーユ状態です、お決まりの納体袋をかかえてキャラバンに入れて搬出、時期的にかなり腐敗で悪臭、形だけの現場検証(そら居たくなくなる)で大家か管理会社風の人を残し撤収、「養生テープ」を手渡された関係者は茫然・・・アパートの他の住人、近隣も出てきて修羅場が始まる雰囲気でした、ドアや窓にテープを貼って目張りして収まるもんじゃない(笑)、遺体搬出の時に警察官が歩いた足跡の黒くなった部分にすら蝿が来てる状態。

 現場にいると臭い分子が吸着するので、私たちは退散、「営業しないの?」と葬儀屋に聞かれたがもちろんスルー、場所は遠いしどう見ても費用の出そうな案件やなさそう(福祉アパートぽい)で、ゴミは多そうで腐敗レベルは最高潮(虫から)まあ、どこかの業者さんに声がかかるのだろう、地産地消です。

 

Pocket