人生整理

Pocket

 他人の遺品整理や孤独死などばから扱っていると、ふと自分の人生も振り返る機会が多い、決して恵まれた現場は少ない・・・どうしても悲観的になってしまう、現場ではあまり感情移入はしないようにしているがどうしても漫然と不幸なほうに考えてしまうかな、自分自身もすでに人生の折り返しは越えている、この先明るい展望にはならないでろう、否定的・悲観的な発想でどうしても諦めや空しさが先に立っていくだろう、それをどうにか抑えていくのが年功かな、孫まで出来た歳になってしまったのか・・・と反省みたいな気持ちになります、何億も貯金ができたわけじゃない、こいつ!と思う友人が出来たわけでない、胸をはって他人に自慢できる人生だったかな?そうとも言えない、おそらくあと20年がリミットであろうと思う、せめて普通に死にたいもんだ。

Pocket