孤独死・坊さん

Pocket

 孤独死の現場に作業で行ってきました、私たちが到着する前に40歳くらいの男性が数珠をもって拝んでいました、身内の人?と聞いたところ縁のあった(趣味の世界で)本物の坊さんでした、「普段着で拝んでいるからわかりませんでした」と言ったところ「いち友人」としての読経だから・・・と

 あとで世間話をしてましたが最近は坊さんも批判が多く、少し良い車を買ったり、自宅をリフォームしたり、子供が私立に行って・・・・すぐに批判の対象になるそうです、坊さんの格好で近所を歩くと疲れるみたい、たしかによく聞きますよね「外車で豪遊」「キャバクラで・・」て、かまわないのやないかな?と思います本業の「寺の仕事」さへちゃんとやってるなら、昔と違ってきてるのだから、警察官でもパチンコで換金します、教師でも風俗通います、主婦でも浮気してます・・・そんな時代なんですよ、本音と建て前の時代やないかな?だんだん変わっていくもんやないかな、昔から変わらない職業なんて公務員くらいやないかな「自分さえよければ体質の」時代の変化にいつまでもついていけないと、結局自分が妬みの固まりになるのやないかな・・・・

Pocket