孤独死・いろいろ

Pocket

 今週から急に気温が上がり桜も満開になりました、さあ腐乱の季節到来です、冬の間は腐らなかったモノが一気に腐り出します、なにも死体だけが腐るのではなく、残置物も腐ります、現場に入ればいろいろなモノが腐敗しています、食品のたべてないものクイズが出来るくらいです、玉ねぎがビニール袋に入って売ってますよね、あれはドロドロに溶けて最後はほぼ透明な液体になりいます、牛乳パックはヨーグルトのようになってから最後は寒天みたいにヨーグルトの水分が抜けて立ちます、鍋に残された液状の食べ物は薄いパイ生地です、野菜はほとんどが野菜チップスになってます、肉類は燻製みたいに・・・・

 人体は悲惨な状況になるのは容易に想像できると思います、食品なでゃどちらか言えばフリーズドライかな、なんで?だろう、脂の多さなのかな、人体は血液などより真っ黒な脂の溶けだしたもので広がります、クッキリと型が残りますまるで筆で絵を描いたように・・・・

 これが、この世に最後に残した故人の生存メッセージなのかな・・・

Pocket