孤独死・身内・・・

Pocket

 不動産管理会社の人と孤独死のあった現場マンション(いわゆる福祉マンション)で作業途中に話していました、故人は自営業の倒産から家族もバラバラになり身よりもなくなりホームレス状態のところを生活保護の手配師により救済されたとのこと、入居の際の聞き取りから個人の兄弟がそう遠くない場所に居住しているらしい、今回は病死らしく警察も連絡を取ったみたいだが無視しています、まあ残置物の処理と本人の遺体などの処理も形通り済みました、費用も囲い込み屋さんが負担し、作業も同じマンションの住人が動員されたので短時間で完了。

 管理会社社員が先日も同じような処分物件で(孤独死じゃなく外出先で交通事故死)の出来事として話てくれたのは、同じように孤独ではあるが親族が判明してた人で生活保護受給の申請云々の時は「無関係です」「何も言ってこないで」とけんもほろろ状態だったし、事故で亡くなったとの連絡にも係りにもなりたくない状態・・・もちろん遺体も遺品も引き取り拒否でした。

 事態が急変したのは故人が事故死して一週間ほどして交通事故の相手側の保険屋から連絡があったらしく(身よりがほかにないし)相応の保険金が支払われることになりました、生前の面倒を観ていたことにするのか急に残置物の処分などにかかった費用を支払いたい!と連絡、遺骨の処理の方法など必死です(笑)挙句の果てもう何も痕跡のない部屋で涙まで流す・・・(そこまで嬉しいのかいな?と不動産屋)まあいくらの保険金が支払われるのかはわかりませんが〇〇百万円は確実でしょうね、遺族?にとっては思いもしなかったボーナスですわ。合掌

Pocket