特殊清掃・ペット

Pocket

 いろいろな特殊清掃現場や夜逃げの片づけに行きました、過去の経験からの話で、ペットの問題があります、人はいろんなペットを飼います一般的な犬や猫、金魚などから変わったモノもいます、神戸市内のマンションの夜逃げ物件では3LDKの部屋を縦横無尽に走り回るペリカン×2、都島区の団地の孤独死ではベットの下にデカイ亀、平野区では風呂場に蛇など想い出深い生き物がいました、小動物は住人が放置したら死にます故人の体を噛んで食べた形跡もあります、犬・猫・うさぎなどが・・・まあ、ぶっちゃけ死んでくれていたら楽です、どっかに埋めに行きます(やはりゴミで出すのは気がひけます)処理に困る動物(あえてペットとは言わない)が出ると捕まえたり輸送するのも困難です、狂気なペリカンを2匹捕まえることを考えてください(笑)なんとか捕獲してもどこに言います?警察は遺失物じゃないからダメです、保健所は持って行っても犬・猫やないと引き取りません、動物園は出どころのハッキリしないものは取扱ません、山に投棄?鳥や金魚くらいなら考えますが、蛇や爬虫類は悩みます、名前も種類もわからん爬虫類は本当に困ります寄生虫とかいたら嫌だしね、爬虫類を販売している業者に聞いても引き取りは拒否されますSNSでなんとか引き取り手を探して持って行くしか方法がありません、蛇を長崎まで運んだことがあります(デカイにしきへびみたいな)もう赤字ですが・・・いたし方ないです。

 ペットを飼う場合は、ペットの最後もよく考えて飼ってやってください。

Pocket