孤独死 外人?

Pocket

 少し前に扱った特殊清掃、初老男性死後10日くらいの絶好調な腐敗で外人さん、連絡があり現場に行くと電話主の大家さん一家と知り合いの不動産屋(管理会社ではない)、古いアパートなので管理会社を入れずに大家さんがメンテナンスなどをやっていたらしく今回はまさかこのような事態になるとは・・・と。

 何年ものあいだ部屋は日本人の男性が契約し家賃滞納やトラブルもなく平穏だったらしい、建築関係の職人さんの雰囲気で口数は少なく近隣も付き合いもなかったみたい、で?なんで外人???、とりあえづ警察が出動し変死で持って帰り当日は現場は入れないので(規制線)やむなく解散、次の日の午後に病死が原因とわかりとりあえず「臭いと虫」の処理のために入室OKをもらいました、現場の腐敗臭の原因となる汚布団や畳を梱包し撤去し発生源は除去、警察が捜索などするらしいのでオゾン脱臭もかけれずに窓と玄関をあけて換気のまま退出、発生源はなくなってもすでに残置物に臭い分子が拡散しもはや全撤去しないと悪臭は止まらない状態です、警察も病死なので本腰入れてなにかするわけでもなく日時だけが過ぎた、一週間ほどして規制も解かれて再度連絡があり現場へ行きました、結局なんもわからないままらしい以前に住んでいた男性に身元保証人も連絡つかない、外人も建設作業員であるおとは分かるが警察もそれ以上なにも言わない・・・・

 で、部屋どうすんの???となりました、大家さんが面倒みるしかありません、当方見積もりをあげましたが20万円ほどになります(初動撤去や処理、薬品散布は別途もらいました)費用の出どころで協議・・・大家さんが出すしかないです、他の回収業者にも見積もりを取ったみたいですが似たり寄ったりで話が進まずみたい。

 昨日、近所に行きましたので見に寄りましたが部屋の入口にはガムテープが貼られてます、放置なんやろな~て感じ、今はまだ寒いからなんとかなりますが、四月になり日増しに気温が上がると虫が一斉にでます、一日も早い処置をしないと状態は良くはなりません、結局どんどん費用もかかります・・・・

Pocket