大阪で10年。孤独死などの事故物件対応の特殊清掃・遺品整理の専門業者です。孤独死による臭い・害虫・血痕等も特殊清掃なら解決します。

特殊清掃~孤独死|大阪の事故物件清掃会社>トップページ 特殊清掃 大阪

対応できること
~特殊清掃・ハチ退治・イタチなど小動物のお困りごと

特殊清掃
孤独死等の壮絶な現場も心を込めて、より完璧に復元させるのが特殊清掃です。
警察はご遺体のみを運んでいきます。その後の現場は特殊清掃なくしては元通りには戻りません。

特殊清掃を手がける弊社では、自社特有の無色・無臭・無害の薬品や防音型小型脱臭機を用いての特殊清掃にてよりキレイに、より安全に清掃いたします。
また、特殊清掃では取り除けない床下等に浸透してしまった体液のシミ等には別途復元する方法をご提案させていただきます。
特殊清掃で使用する薬品は、酸化塩素を成分とした除菌・消臭剤で、アメリカでは食品の洗浄剤や歯磨き粉にも配合されているものなので、特殊清掃後に速やかにお引渡しさせていただけるのが特徴です。
特殊清掃
ハチ退治・イタチ・ハクビシンなど小動物でのお困ごと
出来てしまったハチの巣、危険ですので触らないで、まずはお電話ください。
急ぎかけつけ直ぐに駆除します。
イタチ・ハクビシン等の住みついてしまった小動物は、、火器・危険な薬品は一切使わず、戻ってこれない様に対応します。
決して殺傷処分はしませんのでご安心ください。
ハチ退治
粗大ゴミ
人生の節目、定年・還暦古希・引っ越し・同居が決まったとき・介護が必要になったとき等自宅の整理をしてみませんか?
より快適な明るい老後を迎えるにあたって、終焉を見つめて、様々な不要な物を処分する、そのお手伝いをさせて頂きます。
その他、大型家具の整理等、不燃物・粗大ゴミでお困りの方はお気軽にご相談下さい。
お住まいの自治体の粗大ゴミ・持込等のお手伝いもOK(処分費用が安くなります。)

*不法投棄の手伝いはお断りします。
自宅整理
お困り事は何なりとご相談下さい
特殊清掃や遺品整理、リフォームなど、そんな大袈裟なものでなくてもいいのです。 防犯カメラの設置~水栓交換等々、管理物件でのお困り事は、何なりとご相談下さい。

遺品整理や粗大ごみでの不燃物処分方法

特殊清掃や遺品整理には様々な決め事があります。協会もあれば認定証もあります。
これらを持たない業者には気をつけてください。
かなりの安価で遺品整理を依頼したところ、後日警察から不法投棄との連絡を受け、頼んだ業者に連絡するも拉致が明かず、結果としてものすごく高くついたという例も多々あります。
弊社では古物商の免許も持っていますのでリサイクル出来る物はリサイクルし、お仏壇やお位牌は供養、廃棄処分するものは提携先の産廃業者にと、適正に処分いたします。
大阪を軸に各地方に産廃業者等の協力会社に依頼していますが、自治体によって処分方法、処分費用が異なりますので、見積時に詳しくご説明いたします。

免責事項

サイトのコンテンツについて
リゾルトのサイトコンテンツはサイト作成時点までの信頼できると思われる各種情報、データに基づいて作成されていますが、その正確性、相当性、完全性などに対してリゾルトおよびその情報提供者は責任を負いません。
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても、リゾルトおよびその情報提供者は責任を負いません。
リゾルトは、当サイトの構成、利用条件、URLおよびコンテンツ等を、予告なしに変更または中止し、 あるいは当サイトの運営を予告なしに中断または中止することがあります。
なお、リゾルトは理由の如何関わらず、 これら変更及び当サイトの運用を中断または中止によって生じるいかなる損害についても責任を負うものではありません。
当サイトから、または当サイトへリンクをはっているリゾルト以外の運営するウェブサイトの内容についてはリゾルトの管理下にあるものではなく、その内容の正確性、確実性についてリゾルトは一切責任を負いません。
またそのサイトを利用したことにより生じたいかなる損害についてもリゾルトは一切責任を負いません。
特殊清掃について
リゾルトでは特殊清掃作業において細心の注意を払い、安全、迅速に作業を行なっております。
また、周辺の住民への配慮も充分心がけております。
特殊清掃作業中に発生した損害でリゾルトの不注意によるもの以外は保証いたしかねます。

建設業総合賠償責任保険

弊社では特殊清掃途中での物損への対応としまして、「建設業総合賠償責任保険」に加入しています。

対応エリア

リゾルトは大阪に事務所はありますが、大阪を始め、大阪近郊、兵庫、京都、和歌山、奈良と対応しています。

その他の地域も一度ご相談ください。 孤独死・特殊清掃には24時間対応いたします。

ブログ

こんな時に特殊清掃・遺品整理のリゾルトにご依頼下さい

孤独死とは

高齢者による孤独死が多い一方で、若者の自殺で誰にも気が付かれることなくひと月・・というケースもあります。
孤独死を決して他人事と思わないでください。どうしたら孤独死を防げるのか。少なくとも自分の周りに孤独死をなくすことは出来ないのか。
近所にお年寄りの一人暮らしの方がいれば、お声を掛けてあげてください。「おはよう」「こんにちは」だけでもいいと思います。
最近お顔見ないなと思ったら、その方の家に見に行ってあげてください。もしも具合が悪そうなら救急車を呼ぶなり、市に連絡するなりしてあげてください。
万が一、人の気配がしない・新聞や郵便がたまってる・異様なニオイがする・ハエが発生している等あれば孤独死を疑ってください。

「孤独死による異様なニオイ」は、すぐにそれと分かると思います。