遺品整理・今後

Pocket

 一時のブーム?は去ってしまったのか、メディアなどの煽りは少なくなってきたかな?と感じます、「増え続けるゴミ屋敷」「孤独死の急増」「放棄されたボロ屋激増」「増える認定遺品整理士」・・・・一時は連日聞きました、業者も雨後のタケノコ状態で開業ブーム、「遺品整理士・特殊清掃士・遺品鑑定士・・・(笑)」なんでもアリの状態、現場でも酷いとこなら異業種からのいきなりの参戦組やほとんど言葉の通じない連中が何人かで・・・

 相見積もりなって価格提示では勝てません(たぶんマトモにやってた業者さんなら同じやなかったかな)作業も酷いのが多かった、キレイなマンションで通路や扉を養生せず運び出して傷だらけ、作業が終わってマンションのゴミ置き場に大半が山積み、2日もしいたら部屋が臭いだらけの虫だらけ・・・後で結局は違う業者に再度泣きついて委託も多かったです、特に特殊清掃分野は・・・

 この業界、ある種変態やないと出来ません、作業後に自己満足できて、達成感感じれる人やないと出来ません、儲かる?いや・・・少しだけです、爆発的には儲かりません労働集約型の典型なので薄利多売しないと仕方ありません、かからないようで経費がすごくかかります、処分費・人件費がものすごいです、だから儲けたいなら不法投棄や不法入国人使うのです、でもそんな事してたら会社としては続きません、次々名前を変えたり電話一台で10社くらい広告したり(昔のピンクチラシの風俗店みいたいに)

 けっきょく、儲からないのに儲かるように煽られているのですね、マスコミのいつものパターンですね、「孤独死激増」て・・・

続きは次回にボヤかせてもらいます

Pocket

孤独死 成仏

Pocket

 孤独死や自殺など人知れず去っていった人はどこで成仏するのか?、以前私事でお寺と話していて出た話題、坊主いわく「人は四十九日で一応成仏する」と言いますが「始まりはどこ?」と疑問が出ました、病気で病院で亡くなり、葬儀・火葬と一般的に段取りよく進行したら、何日だの何回目のお経だの・・・計算できます、孤独死どうでしょう特に真冬のボロアパートで暖房なしで死んだ場合、二週間くらいしないと隣でもわかりません、風呂場などで扉をしめていたら一か月なんてのもありました、じゃあどこから49日?そもそも定期的な供養も戒名もありません、自治体が火葬だけして終わりですよね・・・・

 孤独死などの現場で作業する時は「視線」感じることもあります、あちらのペースにまきこまれたらダメなんで感情の移入はしないように注意しています、この部屋の住人はあちらの世界をどのように旅してるのか?人生での最後はおそらく満足しての死ではないだろうと思います、自分が死んでほったらかしの部屋を見てどのように思ってるのかな?作業している私たちに何か言いたいことあるのかな?

 考えるというか、実際言葉にだしながら作業することが多いです、でも今まで答えをもらったことはありません、会話も一方通行です、それが成仏したということなのかな・・・・と思うようにしていますが・・・

Pocket

事故物件取扱会社

Pocket

 去年の夏ですが夜間に一本の電話がありました「特殊清掃してるのですか、ちょっと話がしたのですが・・・」との電話、普段から特殊清掃の依頼や相談の電話は受けてますが妙に明るく・楽しそう???な印象でした、「だいたいの状態や場所・その他希望などあれば先に教えてほしい」「見積もりなら24時間行きますが」とこちらが言ったのですが、とりあえず指定されたのは「居酒屋」はあ?と思いましたがまあ遺族にも色々いてますし、現場には行きたくない事情の物件もありますので「とりあえず来てほしい・・・」とのこただから行きました、ちょうど当社も独立したい者がいたので研修がてら一緒に行きました、約束の店に到着して連絡してみると(まさか店内で飲んでるとは思ってない)若いおにーちゃんが出てきてとりあえず同席するように勧められました、学生風や若いリーマンみたいなメンツが10人ほどいる単なる飲み会???そこそこ酒も入ってる様子でこちらにもビールを勧めてきます、意味のわからん話が数分あり「特殊清掃の依頼で見積もりに来たのやがどういうこと?」と聞いてみてビックリ・・・おねーちゃんが「怖い話してほしい・・・」はあ?

 どうやら時期的に怪談・オカルトの話で盛り上がってたようで、この後近い肝試しにも行きたい・・・という話になり、調子にのったガキがスマホで検索して、葬儀屋・火葬場・寺などあちこち電話したらしく相手にされず、特殊清掃の検索で我が社にヒットしたみたい(当時はSEOに金かけていたので検索上位でした)普段から「死」を扱う者なら「怖い話もリアルやし・・・・」て

 まったく腹の立つ話でこの先は法律に抵触するので中略、正式な依頼ではなく、バカにされたようなもので、お灸はたっぷりすえておき、交通費・通信費・時間給・夜間緊急割増などもらって帰宅

 むちゃしたらあかんよな、ガキも、というお話

Pocket

自殺・遺書

Pocket

 過去にあった話から、30代サラリーマンの一人暮らしっでの自殺(定番のドアノブ首吊り)現場での特殊清掃で空調の効いた部屋だったので腐敗はあまりありませんでした、体液の流出も軽く特殊清掃としては入門者レベルでした、これなら半日で搬出したら後は脱臭機かけたら終わりかな、と思ってましたが・・・

 一番奥の部屋まで進みベランダの窓を開けて換気しようとしたところ、入り口側からは見えない壁に一面のマジックで書かれた遺書、文字の山・・・デザイナーズマンションなので壁はコンクリートの打ちっぱなし、塗装してる部分に赤や黒のマジックで壁一面(2400✖3600くらい)に今ままでの生い立ちから最近の納得出来ないこと、自殺を選んだ動機、残された遺族(親)への言葉・・・たぶん同僚か個人名バリバリの怨み辛みが所せましと書き綴られてます、思わず全文呼んでしまいました、これを見せられた親(田舎から出てきて手続きなどしています)は尋常じゃなかっただろうなと思います、私とこには葬儀社からの紹介で話がきました「とりあえず可能な限り、ゴミでもなんでも一式を実家へ運んでほしい」との依頼です段ボールや袋に梱包して借りてきた2トン車に積み込みました、ほぼ何もなくなった部屋・・・壁一面の作品?が余計に目立ちます、ボードやクロスを貼った壁なら撤去できますが、消すに消せません、不動産管理会社の営業担当が作業終了したら見に来るので連絡し待機してると、20代の若いおねーちゃんです・・・まあお世辞にも慣れてる雰囲気はありませんが、知らん顔して外で待ってると、案の定真っ青な顔いろで膝がガクガク・・・「どうするの?」て聞いたら「・・・」

 後日、おっさんの担当者から連絡あって、とりあえずリフォームするまで、何か何でもいいから貼ってくれない?との依頼で黒いビニール製の養生板を貼っておきました、遺書はノートに書きましょう。

Pocket

特殊清掃 広告

Pocket

 特殊清掃や遺品整理にかんしての料金を広告やホームページに載せるのは何度も言ってますが難しいです、ケースバイケースなので・・・

 先日、同業社はどのくらいの価格設定で宣伝しているのか?気になりましたので色々なホームページを見ていました、「安さ」を前面にウリに出してるところ・・・現場写真をベタベタ貼ってるところ・・・お客様の感謝の声がやたらに来てるとこ(笑)などなど各社いろいろ知恵を絞って頑張ってますよね、やはり圧倒的に件数の多い関東は競争も激しいみたいです。

 私が他の業者さんに難癖つけるほど偉い立場でもないので「え?」と思うところはスルーしておきます、一軒だけ「ブルークリーン」という関東の業者さんですが、ホームページもド派手でもなく、書いてる金額設定や内容もなかなか現実味あって正直やな・・・と感嘆しました、金額も高いです(でも現実的です)内容で勝負してるのでしょうね(youtubeもやってる)なんか共感するところがあります、私たちとはエリアも違うし競合することもありません、競争相手の多い関東で勇気のいる展開だなと思います、同業から言って「このくらい正直なほうが絶対信頼できますよ」

 あ、なんも関係ないところなんですがね(笑)

 youtubeも具体的なんで参考なります。

Pocket

遺品整理・車上あらし

Pocket

 特殊清掃で清掃や部分解体のいっかんとして、室内のありとあらゆるゴミの撤去があります(参考までに特殊清掃とゴミ処分は別物です)先日一日目におおまかな汚染物品を出し、とりあえず線香で消臭・・・次の日に一見よごれてなさそうな物品の搬出に行きました、現場から出してしまえば「事故物件のゴミ」には見えません、ひどい業者ならリサイクルショップに売りに行くレベルです、二日目も自治体指定のゴミ回収業者さんに依頼したので家電製品は引き取り不可能でした、やむなく廃棄のために私たちの軽トラックの荷台に積んでました、作業も終わり遅めの昼食がてらラーメン屋に立ち寄り2人でラーメンを食ってますと・・・軽トラックの横に軽乗用車が停まり私たちの積んでいる家電の中で比較的キレイそうなものを自分の車に積んでます(げ)車上荒らしやん・・・同行者が慌てて車に戻ろうとしたが制止して、「ええやんゴミやし(笑)」、トースター・DVDデッキ・ドライヤー・炊飯器・ガスファンヒーター・小型テレビが被害?です、でも考えてみてください表面はキレイでもウジ虫だらけ、ハエだらけの部屋で死臭に長時間いぶされていたんですよ(家電はコンセントにささっていると微熱が発生していてゴキブリやウジが隙間に産卵します)そんな家電製品をどうするのかな?リサイクルショップへ持ち込むのです、ダメならSNSです、怖いですよね・・・便利な世の中だが、少し前までは「オークション」だったので売れないものもありましたが、今はお近くなら無料で・・・てのまであります、出どこのわからない家電・家具、事故物件より怖くて使う気になれません。

Pocket

特殊清掃・感情①

Pocket

 腐敗臭・見たことない害虫・汚染された布団・・・・特殊清掃の現場では当たり前の光景です、ほとんどが膝近くまでゴミに埋もれます、予備知識のないままに入室しても故人のなくなっていた場所やどのような形でどちら向いて・・・まで分かります、例えて言えば鳥かごに草が敷いてあれば鳥が座っていた形で型がついてますよね、そんなのが真っ黒な血液と脂でべっとり・・・・です。

 ゴミの量が半端ないのが定番です、スーパーの弁当箱・缶のアルコール・タバコの吸い殻・薬・ティッシュの丸まったもの・干からびた食品などなど到底普通の神経では暮らせないと思う、故人はこのような即席では作れない環境で長い時間暮らし、ある瞬間にあの世へ行ってしまったのですね、自分ではどうすることも出来ない環境、死んで楽になったのかな?

 作業を開始する前(見積もりなどで入室)には線香とローソク・お塩を撒いてからの入室にします、「さあ片付けますね」「あとは何とかするから安心してや」と一礼して開始、作業中も故人の大袈裟に言えば一生を走馬燈のように感じます「へえ昔はこんな生活やったんや」て感心することもしばしばあります、故人にとっては捨てることのできなかっただろうな品がいっぱい出ます、私たちはそんな事も言ってられません、次々と分別して廃棄です虫が飛び交い、ウジがクネクネ(笑)

 作業をしているとなんか天井からの視線があります(思うだけ)きっと心配なった故人が見に来てるのかなと思います、この世に残した最後の大きな荷物のことで・・・

Pocket

遺品整理 相場

Pocket

 遺品整理などの依頼をうける前に「だいたいの相場ていくらくらい?」とよく言われます、これってこの業界では一番困りますホームページでは参考価格として(まったく参考にならないのが現実)2LDK〇〇万円~とか書きますが・・・あてにしないでください、同様に2トン車積み放題〇〇円!もよく目にしますが、ただの誘い文句です(一部不法投棄やるとこでは可能ですが)私の少ない経験上ようするに現場へ行ったら勝・・・的な要素のある業界なんですよね、依頼者も実際の費用の検討もつきません、実際に運び出せばどのくらいの体積なるかも想像できません、そのような現場では結局は業者が優位なんですよね「〇〇は処理が困難で」みたいに言えます、トラックへの積み方もいくらでも変えれます、隅々までビッシリ積むか、スコスコに並べるだけかそれでも物量てかなり変わります、最悪な業者なると積んでから追加料金を提示します、「それは高い」と抗議しても「じゃあ降ろすから手数料がかかる」みたいな・・・恐喝まがいですよね。

 業者に依頼するには「相見積もり」が安全ですが、あまりに高い業者の見積もりは他社には見せないようにしないと、結局その高い見積もりから少し落としたのが次の見積もりになります、ただ、なんでもかんでも安くと逆にセコくなりすぎも注意です、たしかにゴミにはお金なんかかけても見返りはありません、でも今の時代はモノは買うより捨てるほうがお金かかることも少なくありません、とことん安くしたいなら身内でトラックに積んで、自治体の粗大ゴミ持ち込みで行ってみてください、それでも一軒の家のすべてを処分刷る処理代金にはびっくりしますよ、受け入れ不可能品目もあります、その再処分はどうします???そんなの考えると業者の苦労もある程度わかってもらえると思います。

 見積もりは3軒の業者から取り、中の上くらいが妥当だと思ってください。

 不法投棄業者に安く依頼して後々警察が来て・・めちゃくちゃ金が掛かったり、何度も事情聴取・・・ありますよ、たった5万円の節約で。

Pocket

廃棄物 処理?

Pocket

 先日、郊外のマンションに終活整理に行きました、元々ファミリーで生活していてだんだん年月が過ぎ、老夫婦だけの生活に不便を感じて売却しホームに引っ越すための準備でした、貯めに貯めた物資の多いこと・・・昭和を感じさせ懐かしいモノだらけでした、部屋も1階だったので駐車場までの廊下なども贅沢に使わせてもらいながらの搬出作業でした、身内の方も来られて和気あいあいと2日にわたる分別・搬出作業でした、古い家電製品・自転車・家具と駐車場に積みながら分別していると一台の軽トラックが来ました「金属・家電は買取ます・・・」といかにも怪しい感じのにーちゃんが来ました、関わりあうのが面倒で半ば無視して作業していますと勝手に家電製品をトラックに積み込みだします(まあ廃棄だからよいのですがこのような業者とは関わりたくないので・・・)おそらく積んでから処分費用を請求してくるのだろうと思ってました、面倒な話になる前にこちらから「なんぼで処分するんや?先に聞いたろ、言ってみ」と、「軽トラック満載10000円でやる」と言うので「こっちで積むからなんでもええんやな?」「かまわない」・・・業者のにーちゃんはこちらが家族だけで作業しているように思っていたのか少々当てが外れた様子でした、まずは逃げれないように10000円渡して領収書かかせて、逃げないようにトラックのカギを抜き、目一杯積みましたリサイクル家電の冷蔵庫・古いデカイブラウン管テレビ2台・洗濯機など処理に費用のかかるものから、一般的に処分しにくいプラ製品・とどめに脚立に乗って布団まで満載(笑)こちらが処分するにはリサイクル料金だけで10000円超えるでしょう、奴らはどう処理するのか知りません、今は不法投棄はかなりキツイので出来ないでしょう(今回の荷物にも当社のゴミであることを電話番号と記載しました、不法投棄したら連絡きますので業者も困るでしょうし・・・)あれから不法投棄の連絡もありません、いったいどうなったのかな・・・・

Pocket

遺品 プライバシー

Pocket

 人が死ぬのは様々な死に方が」あります、だんだん体が弱ってきて入院していく終わりなら身辺整理もできます、私たちが扱う仕事の現場はどちらかと言えば急にあちらの世界へ行ってしまった人が多いです、まさか?本人さんも自分が死ぬなんて考えてなかったのだろうと思います、生活感がバリバリに残ってる部屋に入り、すべての荷物・道具を出します、それこそ住人でも長期間忘れていたような場所の荷物も引き出して分別します、プライバシーも何もありません・・・      

 私自身がこの部屋の住人だったら・・・と考えることがあります、故人は同年代の男性も多いです、荷物の中からはその人の人生が見えてくるように思います、「こんな仕事してたんや」「こんな資格あるんや」「前はどこに住んでたのか」「昔の家族てこんなのや」「こんな趣味があったんか」などなどすべてが暴露されてしまいます、きっと天井から作業する私を見て恥ずかしがったり、怒ったりしてますよね?作業中は私も独り言いいます、部屋の住人と会話しながら作業しています(笑)壁一枚外ではまったく他人が普通の生活を送ってるわけです、狭いこの空間だけが私と故人の想い出を語る場所になっています、死んだ死なないの感情の移入はありません「尊厳」もあまり重要視しません、失礼ながら業務的に次々とクールに捨てます、もったいないもありません、ひたすらゴミです。

 よく故人の尊厳を大切にし、一件一件真心を込めて・・・と謳ってる業者もありますが、そんなメンドクサイ感情をわざわざ作り上げる必要はありません、故人のちょっと隠したいようなモノだけは身内にも目につかないように早々に処分します、それだけです出来ることは。

Pocket